環境関連工事 & PCB調査

環境関連工事においても、多数の実績を積み重ねています。

会社概要

豊かなノウハウを投入し、最良の対応を。

私たちが携わっている環境関連工事としては、まず土壌改良があり、土壌汚染の調査・解析をはじめ、設備・建屋などの改修・補修前の洗浄工事や解体工事なども実施しています。また、タンク・ピット・配管などの化学的洗浄工事にも積極的にお応えしています。さらに廃液処理プラントの設計・施工などへの取り組みでも評価をいただき、コンサルティング業務も実施しています。私たちは、経験とノウハウを活かし、より幅広い環境関連工事に取り組んでいきます。

  • ● 新設プラントの化学洗浄工事
  • ● 設備保全の定期洗浄工事
  • ● 環境保全の定期清掃工事
  • ● 改修補修前の洗浄工事
  • ● 汚染土壌の現地改良工事
  • ● プラント設備、建屋の解体工事
  • ● 廃液処理設備の設計・施工

タンク清掃工事

解体工事

地下ピット清掃工事

土壌浄化工事

会社概要

PCB調査とは

PCBは、ポリ塩化ビフェニルの略称で、ポリ塩化ビフェニル化合物の総称であり、その分子に保有する塩素の数やその位置の違いにより理論的に209種類の異性体が存在します。そのなかでも、コプラナーPCBと呼ばれるものは毒性が極めて強くダイオキシン類として総称されるものの一つとされています。
また、溶けにくく、沸点が高い、熱で分解しにくい、不燃性、電気絶縁性が高いなど、化学的にも安定な性質を有することから、電気機器(トランスやコンデンサ)の絶縁油、熱交換器の熱媒体、ノンカーボン紙など様々な用途で利用されました。
その一方で、脂肪に溶けやすいという性質から、慢性的な摂取により体内に徐々に蓄積し、様々な症状を引き起こすことが報告され、昭和43年には、食用油の製造過程において熱媒体として使用されたPCBが混入し、健康被害を発生させたカネミ油症事件があります。
平成13年6月に、国はポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法を制定し、昭和47年に製造や新たな使用が禁止されて以来、約30年間保管の続いているPCB廃棄物を、平成39年3月までに処理をする制度を作り、現在も処理を進めています。

PCB調査の流れ
1.お客様からのご依頼
2.既存資料の確認:PCB含有電気機器の抽出
3.現地調査:既存資料で判断できないPCB電気機器の抽出
4.分析
5.分析結果:PCB含有電気機器だった場合
6.行政及び日本環境安全事業株式会社の手続き
7.処分場の選定及び処分場との契約補助・引取りスケジュール設定
8.PCB含有電気機器の引取り
9.処分

このページのトップへ